2018年06月05日

サーバーとの格闘

一日、サーバーと格闘していた。

さくらインターネットのPHPがver7を推奨するようになり、7を使うと、Netcommons2が動かなくなる。
NetcommonsはVer3でPHP7に対応するようだが、2から3への移行方法がないのだ!
国の機関で作って無償で広めてくれたのはありがたいが(もしかして独立行政法人?でも税金は投入されているんだろう?)、ここにも国民無視の思想があるのか、と疑ってしまう。

それではということで、Ver3を入れて、人力でVer2から移行しようと、昨日の朝から、FTPでサーバーにインストールしたが、今朝になっても転送が終わっていない。
よく見ると、同じことをループのように繰り返していて、そこで引っかかっているようだった。

.zipで圧縮してあるNetcommons3を直接サーバーのディレクトリにFTPで送り、そこで解凍させるも、何故かエラーが出る。何回試してもダメ。
Netcommons3は諦めるしかないようだ。
使いやすくデザインもしやすかったので、気に入っていたので、残念である。

代わりのものを探さないと、この間うっかりデータベースを消してしまった、理科室準備室のサイトが復活させられない。代わりに目をつけたのがconcrete5。さくらのサーバーでもクイックインストールで簡単にインストールできそうだ。

これが泥沼の始まり。
インストールはできても、ログインすると、画面に文字がられるされて、所々にリンクがある文字列になってしまう。インストールした後に、パスを通す(どう言えが伝わるだろう)とこの現象が起きて、独自ドメインでの運用ができない。これも何度も条件を変えて溜めしたが快ぜんの兆しもなし。諦めてさくらに電話して待つこと20分。やっとサポートにつながったが、結論をいうとサポート外。ここまで5分もかかっただろうか。だったら、まことしやかにクイックインストール、なんてやるなよ!と思っても口には出さない。
どうせできないならクイックインストールは国が関係しているNetcommonsにしてくれ。
何かあっても麻生さんが責任をとってくれる。返納した金でなんとか開発してくれるのではないかと、甘い期待を抱いてしまう。

結局、WordPressでサイトを作りなおしているが、Netcommons2で作った時とまるでイメージが違う。大体、アフィリエイトサイトなので、写真が自由に使えないのだ。サムネイルなしの、文字ベースのトップ画面は寂しい。・・・・・Netcommons2のほうがよかった。

今日の教訓。
CMSはうまくインストールできること。
うまい使い方を知っていること。
これができなければ延々と時間ばかり使うシロモノである。
したがって、昔ながらのHTMLを打ち込む方式のホームページのほうが、PHPやデータベースのバージョンにも影響がでず、結局は長く使える。

安物買の銭失い。
という言葉が、何故か頭に浮かんできた。

明日ははCSSも含めて、HTMLの復習をしよう。

ところで、Netcommons2は学校などで広く使っているようだが、そのへんはどう対応させるつもりだろうか。先の見通し、あるんでしょうね。〇〇の無駄遣いで、使ってもいないシステムを入れ替えるの?
posted by おく利子 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事

2018年06月04日

サーバーと

さくらのサーバーを借りている。
さくらとは会社の名前です。






長く使っているので、サーバーと、同じ、さくらから借りているデータベースを整理しよう、そうすれば、自分の頭の中もすっきりする、と思ったのが大間違い。

一ヶ月かけて作ったホームページ用のデータベースを何の気なしに消してしまって「お〜マイゴッド」!!
作り直しです。
データは取ってあるので、一月はかからないとしても、2週間はかかるかなあ‥‥‥‥

そのホームページを表示させるために使っていたCMSというシステムが、近い将来使えなくなる可能性もあるので、そうならないための対策に今日まる一日。
まだ作業が終わっていません。

ここまでがんばったんだから、きっと動くよね〜
そう信じています。

結果は明日にでも、ご報告。
タグ:サーバー
posted by おく利子 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事

2018年04月20日

発見(私にとって)Kindleの新たなる使い方

Kindleを使っている。
とは言っても、読書というより、らじる★らじるをインストールして、FMのクラシック放送を聞くことがほとんどだ。
Kindleは音がよい。

でもこれでは、KindleのKindleたる所以がないではないか。

いまさらながら気がついた。
Kindleに植物や動物の図鑑を入れてもち歩けばいいではないか!
散歩が楽しくなるぞ!!!

このアイデアは私の修士過程での作品「白鷹山エリアの環境データベース」そのものであるはずなのに、今の今まで気が付かなかった。しかも、私の作品は山形県の中央部にある白鷹山(相撲取りのハクヨウザンじゃないですよ)でしか使えないが、Kindleだと、全世界の植物・動物・鉱物などなど、何でもござれではないか!!

眼から鱗。

ラジオを聞くにはWi-Fiが必要だが、植物図鑑だとすでにKindleに内包してあるので、たとえアマゾンの秘境に行っても使える。

自画自賛だが、素晴らしい発見をしたものだ。



Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

新品価格
¥15,280から
(2018/4/20 16:23時点)




ポケット版 雑草さんぽ手帖




虫の呼び名事典 散歩で見つける




山溪ハンディ図鑑15 日本の淡水魚




ひとりで探せる 川原や海辺のきれいな石の図鑑




ひとりで探せる川原や海辺のきれいな石の図鑑2




posted by おく利子 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) |