2018年04月20日

発見(私にとって)Kindleの新たなる使い方

Kindleを使っている。
とは言っても、読書というより、らじる★らじるをインストールして、FMのクラシック放送を聞くことがほとんどだ。
Kindleは音がよい。

でもこれでは、KindleのKindleたる所以がないではないか。

いまさらながら気がついた。
Kindleに植物や動物の図鑑を入れてもち歩けばいいではないか!
散歩が楽しくなるぞ!!!

このアイデアは私の修士過程での作品「白鷹山エリアの環境データベース」そのものであるはずなのに、今の今まで気が付かなかった。しかも、私の作品は山形県の中央部にある白鷹山(相撲取りのハクヨウザンじゃないですよ)でしか使えないが、Kindleだと、全世界の植物・動物・鉱物などなど、何でもござれではないか!!

眼から鱗。

ラジオを聞くにはWi-Fiが必要だが、植物図鑑だとすでにKindleに内包してあるので、たとえアマゾンの秘境に行っても使える。

自画自賛だが、素晴らしい発見をしたものだ。



Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

新品価格
¥15,280から
(2018/4/20 16:23時点)




ポケット版 雑草さんぽ手帖




虫の呼び名事典 散歩で見つける




山溪ハンディ図鑑15 日本の淡水魚




ひとりで探せる 川原や海辺のきれいな石の図鑑




ひとりで探せる川原や海辺のきれいな石の図鑑2




posted by おく利子 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183033418
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック