2015年03月03日

鉛筆とシャープペン、芯的考察ではどちらがより経済的か

芯的考察.jpg




ブログやサイトの下調べで、よくメモを取ります。


今日は鉛筆で〜

本日シャープペン的な日〜


と、その時の気分で筆記具をかえて文字を書きます。

個人的には鉛筆で字を書くのが好きですが、芯が太くなってくるのが欠点。

この欠点が気になるときはシャープペンにかえて、メモを取ることもあります。


シャープペンは芯が太くならないのはいいのですが、製品ごとに書きぐせといいますか、字を書くときその製品製品の個性があり、その個性が気になりだすとアウト。

再び鉛筆に変えて字を書いたりもします。


で、芯が太くなってきたのが気になって‥‥‥


そんなことを繰り返しながら、日々を過ごしています。


あると気、ふと、芯に注目したとして、鉛筆とシャープペンと、どちらが経済的なんだろうか?

という疑問が脳裏に浮かびました。


そもそも、一本の鉛筆で、一本のシャープペンの芯で、どれくらい文字がかけるのかな?

その答えは他のサイトに譲るとして、シャーペンと鉛筆、芯的にどっちが経済的なのでしょうか。


なんとなく鉛筆のほうが安く購入しているような気もしますが、シャープペンの芯は40本くらい一気に入っている。

一体どっち?


答えが出そうにありませんが、あるとき数学的に考察することを思いつきました。

着目したのは「鉛筆は削って使う」という点です。


鉛筆の芯は、というより鉛筆は削って使います。

大抵は円錐状に削ります。

俺っちはナイフ派だから多角錐にゃ〜

という人もいるかもしれませんが、「錐(すい)」という形状に注目してみてください。


円柱の体積は、


底面積×高さ


でしたよね?

覚えてますよね〜


では円錐は、


底面積×高さ÷3


そう、円柱を3で割ったものです。


3で割り、実際に字を書くのに使う分は芯全体の"三分の一"!!!

サンブンノイチ

です。


残りの「三分の二」は削り捨ててしまうのです!!!!


サンブンノ二といえば、パーセンテージでいうと約67%。

割合でいえば六割七分。


実際に使うのは三割強だけなんですね。


三割も使えればいいじゃないか、と考えるか、6割以上も捨ててしまっている、と考えるかは個人個人の判断にお任せいたします。




三菱鉛筆 鉛筆 ユニ UHB HB ダース(12本入)

新品価格
¥400から
(2015/3/3 17:12時点)




〜上の写真は本文とは関係がありません。私がよく使う鉛筆ではあります〜


posted by おく利子 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114563524
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック